読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チューリップ

あれは私がひとり暮らしを始めた秋口だった

私が住んでいた1階には庭があり

何の気なしに母が庭にチューリップの球根を埋めた

まだ母が元気なころだった

なんでこんなところに・・と正直思った。

 

あの頃は仕事が忙しく

お花の世話なんてとてもする時間もなかった

なので私の中からチューリップの存在は消えていった

放っておいてしまっていた

 

おそらく、母が世話をしてくれていたんだと

今になって思っている。

 

翌年の春に一輪のチューリップが咲いていた。

見事なまでにキレイに咲いていた。

 

それからしばらくして母にガンが見つかり

母の看病や仕事などでやっぱりチューリップのことは

忘れてしまっていた。

 

母の余命がわずかになった次の春に

あの場所にチューリップが咲いた

しかも3つ。

 

世話を怠っていたのに見事に咲いてくれた。

命を感じた。

うれしくて病院に入院していた母にメールをした。写真付きで

「よかったね。」って返信がきた。

 

その3週間後母は亡くなった。私の誕生日の5日前に。

 

今でもチューリップをみると思い出す。

 

母が庭にチューリップを埋めたあの姿を。